| ホーム | サイトマップ |  掲載記事 | about 1122s.com | e-mail |
家庭犬 訓練士日誌
おでかけわんすぽレポート
社会派コラム
参加型犬図鑑
迷犬0対策部
うちのコ自慢
DOG's World BBS
最新&過去のプレゼント
ワンコ素材集
メールマガジン
愛犬家 リンク
その他 リンク
Report no.5
 皆さん、こんにちは♪
このコラムをご覧の皆さんに、黒いワンコちゃんを飼っている方はいらっしゃいますか?
 『黒いワンコ』といっても、プードル・パグ・フレンチブルドッグ・ラブラドールなどなど・・沢山の種類がいますよね。

 黒い犬と言えば・・・のらくろ君!今日は、のらくろ君の故郷、東京都江東区にある、のらくろの街、森下に行ってみましょう♪
■ のらくろード?! ■
 都営新宿線 森下駅を下車して徒歩約5分の位置にのらくろ君に沢山会える道、『のらくろード』があります。

 アーケードには、沢山の幕がかかり、どこもかしこものらくろ一色!沢山の店が立ち並び、店先にのらくろ君が出迎えてくれる店も・・・。
 さてさて向かうは江東区森下文化センターです。館内に、『のらくろ館』があるのです。さぁ、もうすぐです♪
■ のらくろ君の謎 ■
さて突然ですが、ココで問題です!

Q1.のらくろ君の本名は?

Q2.のらくろ君を描いたのは?

Q3.のらくろ君のデビューは?

Q4.のらくろ君って独身?!
上の4問、全部答えられた人はスゴイ!さぁ、答えです。

A1...
野良犬 黒吉です!略してのらくろ。

A2...
田河水泡先生。
本名、高見澤仲太郎で、たかみざわをローマ字で「TAKAMIZ・AWA」(タカミズ・アワ)と読ませるつもりで、「田河水泡」とペンネームをつけたようですが、皆「たかみず・すいほう」と読むので諦めたようです(笑)。田河先生は、幼年期〜青年期を江東区で過ごしました。

A3...

昭和6年(1931年)。『少年倶楽部』という月刊誌に連載されました。10年10ヶ月という長い期間、連載されていたそうです。

田河先生は、ちょうど連載が開始された当時の貧しい日本の子供たちに、夢をあたえ、励ましたいという思いから、のらくろを誕生させました。
 のらくろ君は、みんなより、ちょっとオッチョコチョイで失敗もするけど、落ち込むことなく明るく前向きに生きる、そんなワンコちゃんなのです。

A4...
答えはNo!お銀チャンというスリムなワンコちゃんと結婚してます。




 のらくろ館では、のらくろ自身のコトをはじめ、のらくろ君の生きた時代のコトや、作者の田河先生の親しかった人、お弟子さんなど、「えっ?!本当?!」と驚くコトも沢山発見できます。
 館内は、それほど広くないですが、とっても楽しいトコロでしたので、機会があれば遊びに行ってみて下さ〜い♪
コラム一覧
Copyright (C) 2002-  Bee trip. All Rights Reserved.