| ホーム | サイトマップ |  掲載記事 | about 1122s.com | e-mail |
家庭犬 訓練士日誌
おでかけわんすぽレポート
社会派コラム
参加型犬図鑑
迷犬0対策部
うちのコ自慢
DOG's World BBS
最新&過去のプレゼント
ワンコ素材集
メールマガジン
愛犬家 リンク
その他 リンク
Report no.2
 こんにちは、犬好きのみなさん!
 みなさんのわんこはどんな音に敏感ですか?救急車や消防車に反応するわんこや、郵便屋さん好きのわんこがいたり、色んなわんこがいますが、あなたのわんこはどうでしょう?

 今日は街中の電気屋さんの店先や、喫茶店の片隅に座る白くて耳が黒いわんこ、そうvictor犬の謎を明かそうと思います♪

 蓄音機に耳を傾けるあのわんこは何を聞いているのでしょうか??

君の名前は?何を聞いてるの?
    
■ 僕の名前はNipper(ニッパー)です! ■
 僕をモデルにしたマークは、元々は米国ビクタートーキングマシン社(後のRCA Victor社)と英国グラモフォン社のトレードマークでした。
 その後、両社と提携した世界各国の会社でトレードマークに使用されるようになり、今では世界中に知らせる有名わんこになったんです♪
Q1.ニッパーの犬種は?

Q2.ニッパーはどこの子?

Q3.どうして蓄音機を聞いてるの?
A1...
イギリス1884年生まれのフォックス・テリアです。

A2...
ニッパーは野良犬でさまよっていた所をマーク・ヘンリー・バラウドに拾われました。しかし、彼が3年後に亡くなったため、弟のフランシス・バラウドに引き取られました。

A3...
弟フランシスはたまたま家にあった蓄音器で、かつて吹き込まれていた兄の声をニッパーに聞かせたところ、ラッパの前でけげんそうに耳を傾けて、なつかしい主人の声に聞き入っているようでした。画家であったフランシスは、その姿を一枚の絵に描きあげ、"HIS MASTER'S VOICE"つまり「ご主人様の声」とタイトルをつけました。

フランシスがこの絵を英国グラモフォンに持ち込んだ所、グラモフォン社長のオーエンはじめ、円盤式蓄音器の発明者ベルリナーは、亡き主人の声を懐かしそうに聞いているニッパーの可憐な姿の絵に感動し、この名画をそのまま商標として1900年に登録しました。

それ以来このマークはビクター商品に記されるだけでなく多くのグッズにもなり、愛され続けています。

ちなみにフランシスは、この絵のコピーを後に計24枚描いています。

あなたのわんこもきっとあなたの声を聞いたら「あ!大好きなママだ!」「あれれ?パパの声がするぞ??」と気づいてくれるでしょうね★






更に詳しい情報は
横尾さんのNipperページへ♪
コラム一覧
Copyright (C) 2002-  Bee trip. All Rights Reserved.